人気ブログランキング |

ギフテッド感満載の娘ネネ、息子トキとの予測不能な日常


by キムラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2019年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ギフテッドは想像力が豊かと言います。
トキ、普段から遊ぶ時も、想像力を駆使して遊ぶ様子が見受けられます。

もう歴史にドップリハマっているトキ。最近の遊びは歴史ごっこの様な物が多いです。
えーっと、今朝はこんな感じです。


b0396714_09411659.jpeg

こちら、元寇ごっこだそうです。元寇ごっこは、今日が初です。

ソファの肘掛けを博多に築いた石塁に見立て、タオルケットが海。
海に折り紙の船を浮かばせて元の軍。お手製の兵士のコマをそれぞれ石塁の上と船や海岸に配置。





b0396714_09415155.jpeg
こちら、石塁の上で守りを固める武士達。アイスの空箱で作ったトキお手製のコマです。例の戦国合戦ゲームでも使ってるヤツです。




丸めた折り紙を海側から投げて、爆弾攻撃したり、石塁の上から輪ゴム飛ばして攻撃したり。
b0396714_09413494.jpeg

想像力に任せて、元寇を再現して一人でせっせと遊ぶトキです。

「うわあ、この石塁、高いね!」って嬉しそうにソファーの肘掛けを指差してきて、笑いました。



とにかくトキは、見立て遊びというか、こういう想像力を駆使した遊びが好きです。

最初は元寇を忠実に再現していたトキですが、そのうちネネが参戦して、ポケモンのぬいぐるみが入り混じった謎の戦いが繰り広げられ始めました。
ネネも非常に想像力豊かなタイプで、全く型にはまらない想像をするので、ネネとトキが一緒に遊ぶと相乗効果で、想像力がますます掻き立てられる様です。
あー、元寇の戦いにポケモン軍の他にロシア軍が参戦したとか、もう謎展開(^◇^;)


ネネは「トキと遊ぶの楽しい!」って言うし、トキも「ネネちゃんと遊ぶの楽しい!」って言うし、遊びの波長がピッタリの二人です。
なかなか、元寇ごっこしてくれるお友達も見つからないでしょうし、お互いにとって本当に良い遊び相手なんでしょうね。


あー、チーターとペンちゃんまで戦いに混ざってきた!ペンちゃんが敵の肉を食べている!?

なにそれ、怖い〜!
「ええ!ペンちゃんって肉食だったの!?」って思わず言ったら、「南極にいるペンギンだって、魚食べるじゃないか!ペンギンが草食べてるわけないだろー!」って二人からこてんぱんに言われた(ノ_<)
余計な口出しはしないに限るわ…。
という事で、子供達の遊びの世界には一切入らないキムラですσ(^_^;)
もう、好きなだけ自由にやっとくれ〜。



と思って放置してると、なんか、城らしき物も登場〜。
b0396714_10112864.jpeg


きょえ〜、そうこうしてたら折り畳み傘広がってるし、どんどん部屋がカオスになって行く〜〜ヽ(;▽;)ノ

b0396714_10164206.jpeg


これが我が家の現実です。
彼らの想像力を前にすると、部屋は足の踏み場もない、という状態になるのは避けられません…。
もう、諦めの境地。
整ったリビングで、ゆったり優雅に朝のコーヒータイムなんて、あと5年は無理なんだわ( ;∀;)


現在、朝10時半。
すでに汚部屋と化したリビングで、コーヒー啜り、ブログをしたためるキムラでした。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ
by nenetoki75 | 2019-07-20 10:44 | Giftedの特徴(ネネとトキ小3年長) | Comments(0)
相変わらず、戦国時代に夢中なトキです。
幼稚園で描いてくる絵も最近はこんな感じ。

b0396714_13141195.jpeg


なぜか戦国武将より足軽の方が好きみたいなんですけど…。
既に今から「オラ、今年のハロウィンは鉄砲隊の格好したい。それか普通の足軽でもいい。」と言って来ます。


ネットで探したら、武将のコスチュームはあったけど、鉄砲隊や足軽は見つからないよお(つД`)ノ

ハロウィンまでに気が変わりますように…。


トキ、戦国時代好きですが、他にも源平合戦の時代や幕末の動乱期も好きみたいです。
平和主義のくせに、歴史になるとこういう戦の時代に興味を示すんですね。
来年の大河ドラマが明智光秀と知って、今から指折り数えて待っているトキです。



ギフテッドの子供は興味関心の幅が広いと言いますが、この様子を見ているとトキもそんな感じですね。ちょっとしたきっかけで、様々な物に強い興味を示します。そして一度何かにハマるとドップリって感じのハマり様です。
それが今は歴史なのかな。歴史、奥深いし、知れば知るほどますますハマっていく様です。

ちょっと残念なのは、そういう興味関心が似ているお友達が周りにいない事です。
同じ幼稚園に歴史好きの子は見当たらないようですが、トキ、構わず歴史の話をするんでしょうね。それで、トキの話に適当な返事をする子がいると、それに対して「〇〇君、織田信長は東京に住んでたって言った!んなわけないじゃん!〇〇君、ウソつき!!」と怒り出す始末…(;´д`) どうしたもんか…。



私も歴史詳しくありませんので、相変わらず、あれこれ質問されて困ってます。仕方ないので、とりあえず一冊本を買ってやりました。

b0396714_11533735.jpeg

本屋に行く暇がないので、口コミ頼りにネットで購入しました。
中身見れないまま買うのは怖いけど、仕方ないです。


さあ、どうかな?とペラペラめくってみました。

ざ、残念。
ふりがながほとんどない…(^◇^;)

私が読み聞かせしなきゃいけないパターンですね。



しかし、謳い文句の通り、ビジュアル面が良さそうです。
合戦の様子がCGで再現されているページなど、早速トキ、食い入るように見ています。
母もこの本読んで、少し勉強したいと思いまーす。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
by nenetoki75 | 2019-07-19 11:06 | Giftedの特徴(トキ年長) | Comments(0)

相変わらずの三角女子

うへえ〜。もう、お腹いっぱい、で終わらせたかったけど、相変わらず、例の三角関係女子がネネに絡んで来るようです。

あれ以来、ネネは毎日一人で学校に行くようになったのに。
例のM君の事だけに留まらないらしい。


昨日、音楽室から教室に戻る際、クラスメイトのS君が目の前を歩いていたから、ネネが脇腹をこちょこちょ〜とやってちょっかい出したそうです。
S君がくすぐったがって、笑ってそのまま教室に戻ったそうです。

ちなみにネネとS君は特段仲良しという訳ではなく、普通のクラスメイトといった関係らしいのですが。

教室に戻ると、例の三角女子がネネの所に来て「M君とかS君を取らないで!」といちゃもんつけてきたそうな。出たよ〜( ̄ー ̄)


ネネ、困っている様です。ネネは彼女とのトラブル回避のために、不安になりながらも朝一人で登校しているし、ネネから彼女に話し掛ける事はせず、距離を保とうとしているのに、毎回こんな風にあちらから仕掛けてくるみたいです。
今回なんて、他のクラスメイトと普通に仲良くしただけで文句を言われるのですから、困ったものです。

「〇〇さんの心が、私には読み取れないんだよ。まあ、〇〇さんはS君の事が好きで、取られたって思ったんだなって事は分かるけど…。なかなか上手く行かない。」
とため息をついていました。

ネネはそれで何か言ったの?と聞いたら「「取ってないし」って思ったけど、「ん?」って感じにして何も言わなかった」と答えました。
「取ってない」と答えると「取ったくせに!」とヒートアップする様で、黙ってやり過ごす方を選んでいる様です。


しかし、彼女の存在自体がだんだんストレスになっている様で、今、席が近くいつも彼女が視界に入るから、不安になるし落ち着かないと言っています。


まもなく夏休みで、夏休みに入るとすぐに担任の先生との面談があります。

私は今、ネネ側の視点からしか話を聞けていないので、先生の目にネネと彼女の関係がどの様にうつっているか、お伺いしようと思います。


彼女は2年生の時はクラスが違ったのですが、彼女の担任でない先生(ネネの担任)が「あの子、キツイんですよねえ〜」と言っていたくらいなので、今までもそういうトラブルがあったのかなあと思います。
そんな彼女が現在、ネネのみに対してこういうキツイ当たりなのか、その他のお友達に対しても同じ様なのかは分かりません。
どの様に対応すれば良いか、ネネに上手くアドバイスも出来なくて、先生にまたお話聞いて考えたいと思います。


はああ〜。頭痛い。

ネネのみの問題行動なら、家庭で色々サポート出来ますが、お友達関係となると一気に話がややこしくなる気がして。
ネネだけの話で全てを判断してはいけないし、かと言って三角女子のお母さんとはほとんど面識ないのでさりげなく話を聞ける仲ではなく…。

子供のトラブルに、親ってどこまで介入するものでしょうか。
過干渉は良くないと思っても、無関心過ぎたり放置だと、いじめに発展し悲しい事件に繋がるパターンもありますしね。

ネネはスクールカウンセラーの先生からいじめの対象になりやすいタイプだから気を付けて見ていきましょうと言われています。

小学生女子と男子ではいじめの構図が違うそうです。
男子はいわゆる「弱い者いじめ」。
自分達より劣る存在を馬鹿にしていじめるそうで、ターゲットはのび太君みたいなタイプだそうです。

一方女子は「ちょっとあの子目立って気に入らない。」という妬み、やっかみから来るそうです。

主要な女子グループに入らず、群れない
勉強が出来る
見た目が可愛いかったりで目立つ

そんなタイプがターゲットみたいです。

男子の弱い者いじめと反対の構図で、群れに入らない子に、自分達より優れた特徴を見つけると攻撃対象になるそうです。

ああ、なんか想像つくわあ。
「あの子、自分の事可愛いとでも思ってんじゃない?ちょっと勉強出来るからって、いい気になってんじゃねえよ。マジ、ウザくない?」
みたいな会話、あちこちから聞こえそうだもん。

カウンセラーの先生から「ネネちゃんは、私は私って感じで女子女子したグループに入らないし、勉強は出来るし、見た目も可愛らしいから、まさに狙われやすいタイプですよ」なんて言われてしまいました…(;´д`)

それも心に引っかかっていて、今回のようなトラブルが起きると気になります。
新学期始まってからずっとこの調子で、三角女子、しつこいんだもん…。
ネネがタフなタイプならいいんですけど、メソメソ系だからなあ〜(;´д`)


まあ、学校ってこういう場所だと早く悟ってもらうしかないですよね。
私の好きなアーティストが「学校はいかに社会がクソかって事を学ぶ場だ」なんて言ってましたけど、つくづくそういうの、私も感じますわあ。

クソみたいな教師だっているし、クソみたいな生徒もいる。
学校の教育システム自体もある子供にとっては、クソかもしれない。
そして、それはまさしく社会の縮図なのだろう。

そういう社会でどうサバイブしていくか、少しずつネネも学んでいる最中という事なんでしょう。

ちょーっとあれこれ考えてますが、ここは哲学の出番ですかね。
昨日のネネは「10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉 〜哲学者から学ぶヒント〜」という本の「Q.どうしていじめはなくならないの?」というページを読んでいました。
「A.いじめをする人は心の弱い人間なんだよ」を読んで、ネネ、何か思うところはあったかな…。

哲学を知る、というアイデアを読者さんから頂き、有り難い事です。

ブログを始めて皆様から、色々な考え方、見方を教えて頂き、本当に勉強になります。
先日、今までに色々ご紹介頂いた本をポチポチやって、ドッサリ届きました(*^▽^*)
その中には、「ソフィーの世界」もありますので、ネネと一緒に読み進めたいと思います。ネネが内面と向かい合う良いキッカケになりそうです。

昨日は、子供向けの本もたくさんポチポチしました〜。明日には届くかな?
この夏休みは、読書の夏にします〜!



P.S. トットの欠落帖、未読だったので読み始めたら最初から笑いが止まりません。
徹子さん、最高!富士山!!(*≧∀≦*)

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
by nenetoki75 | 2019-07-18 11:27 | ギフテッドの日常2019 | Comments(0)
休日、家族で都道府県カルタで遊んでいました。
このカルタ、絵札には、各都道府県の地図が載っているので、子供達が地理の勉強するのにもってこいかな〜と100均で買った物です。

今は、読み札を読まず、「長崎県!」と県名を言って絵札を取る遊びをしていますが、ネネが圧倒的に強いです(^◇^;) あの人、マッハで絵札を取ります。

ネネとトキがチームで、夫と私がチームになって対戦しましたが、私達、ボロクソに負けました…。

するとおもむろに夫が絵札を集めて、全ての絵札をトランプのように広げて手に持ち「よし、次の旅行先を決めるぞ。お前ら、ここから一枚だけカードを引け。次はその県に旅行に行く事にする。」と言い出しました。

エエー!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
何それ、そんな決め方あり!?

それじゃ、海外旅行が最初っから選択肢にないじゃん。
私、南の島がいい!ハワイ!パラオ!!

ああっ、子供達、もうカード引こうとしてるっ!

と私は衝撃を受けながら、心の中で(子供達、沖縄を引け〜)と念じました。



子供達、慎重にカードを一枚引き抜きました。

ジャジャン!!




「秋田県!」





「よし、次の旅行先は秋田に決定!」と夫が言いました。

おいおい、マジでそんな決め方かよ…。




しかし、私、秋田県は未踏の地でございます。今まで、旅行に行こうと考えた事さえありません。私、出身が西日本なもので、秋田県は遠い遠い馴染みのない土地なのでございます。

秋田県、どんな所なんだろう…。

早速、ネットで秋田県の観光地調べてみました。



(*゚▽゚*)

すっごく、良さそう…!!
自然がいっぱい、世界遺産もあるのね。
へえ、日本で一番深い湖も?
武家屋敷も気になるう〜。
そうか、東北三大祭りもあるよね。
大曲の花火大会なんて最高だろうなあ〜。


いいじゃん、いいじゃん!!
秋田県、最高じゃん!


すっかり秋田県に魅せられたキムラです(笑)
子供達、良いカード引いたな(=^▽^)b


子供達も一緒にネット見ながらキャアキャア大興奮。
いつ行くかは未定ですが、行き先は決定です。


こんな我が家の旅行先の決め方でした( ̄▽ ̄)

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
by nenetoki75 | 2019-07-17 11:58 | ギフテッドの日常2019 | Comments(0)
小3になって、宿題を毎日先生の課題通りにやったり、授業でノートをきっちり取ったりと、小2の頃と比べて、目覚ましい成長を見せているネネですが、この他にもあらゆる面で成長を感じます。

最近、特に思うのは「記憶力の改善」でしょうか。

小1の頃、私はネネの記憶力に異常性を感じていました。
「非常に記憶力が良い」と感じる場面と「非常に記憶力が悪い」と感じる場面があり、その落差があまりに激しく、これはどう考えても異常だと思い、そこから、発達障がいを疑う様になりました。

ネネは、学習面や言語に関する記憶力は非常に良かったのです。
気付けば、教科書の文章や学芸会の劇の台詞を丸暗記していたり、アニメ映画の台詞など細かく覚えていました。
本で読んだ内容や情報も、しっかり記憶されていますし。

そんなネネが、何を覚えていないかって、学校の先生の指示を全く覚えていなかったのです。
遠足について聞いても「分からない。先生、何も言ってなかった。」
運動会の雨の場合の予定を聞いても「覚えてない。多分先生、何も言ってなかった。」
イレギュラーな宿題の指示を聞いても「分からない。覚えてない。」

…。

ことごとく、覚えていなかったんです。

私が指示した事も、結構忘れるようでした。
「〇〇、持って帰ってきてね。」とか、前の晩と、当日の朝言っても「あ、忘れちゃった!」って事が多かったです。

「お菓子を食べたら、ゴミはゴミ箱に入れてね」って100回くらい言っても、常にゴミは放置だったり。

生活面での注意が、全く頭に入らないようで、私はネネは間違いなくADHDの不注意型だと思いました。


しかし、それほどまで記憶力に異常性を感じていたような出来事が、小3になって以来、パタリとなくなりました。
今のネネ、学校の事をあれこれ聞いても答えられるんです!
「このC時程って何?」と、絶対分からないって答えるだろうなと思う事を聞いても、「ああ、それは…だよ。」と的確に答えたり。
自分から「明日の行事に〇〇が必要だから、用意しておいてくれる?」と知らせてきたり。
先日は、雨続きで水泳の授業が中止になり、そのままプールバッグを学校に置いておいたのを、「日曜にスイミング個人レッスンがあるから持ち帰ってね」と言えば、一発で持ち帰りました。
この事に「わ、忘れなかった!!」と私は本当にビックリしました。
今までは、何回言っても忘れてたのに…!!


ネネ、記憶力が良くなった!?


これは、一見「記憶力の改善」の様に思えますが、本当のところは「注意力の改善」と言えるのかなと考えています。

本来のネネの記憶力に問題があった訳ではなく、今までネネが何も覚えられなかったのは、先生や私の指示に対して、ほとんど注意を払えなかったからなのだと思います。
ネネは学校に上手く適応出来ていなかったので、その辺りの機能が鈍化していたのではないかと。

特に1年生の頃は、学校の学習内容があまりに簡単であるため、脳を働かせる機会が少なく、「つまらない。退屈で死にそう」という気持ちと戦い、ひたすらボーッと自分の世界へ逃避していたようです。
足を常にブラブラさせていたり、椅子から落っこちたり、落ち着きがない、とも言われていました。やる事ないから、足をブラブラさせるしかなかったんだろうと思いますが、こういう行為を先生からキツく叱られていた様です…。
授業は退屈だし、色々怒られ精神的には追い詰められてるし、で注意力を欠いて先生の大切なお知らせもことごとく、聞き逃していたのかな…と。

小3になり、ネネの中に「ちゃんとやろう」という意識が芽生えた事で、注意をきちんと払えるようになっているのだと思います。
それで、ネネの本来持ち合わせていた記憶力もちゃんと稼働するようになったのかなと。


以前、私はネネのこの記憶力の悪さをものすごく心配していて、このままでちゃんと人並みの日常世界を送れるようになるだろうかと、とにかく不安になった時期がありました。
その時の心配を思い出し、子供って、成長するんだなあと、しみじみ感動している私です。

その成長スピードは人それぞれだけど、ちゃんと親が見守って、適切な関わりをすれば、その子なりの成長を見せてくれるんだと嬉しくなりました。
かつては右も左も分からず、暗闇の中でもがいているようで、ただただ苦しかったのですが、少しずつ道を見つけて歩んできて、その成果を受け取れた様な気がして嬉しいのです。

「ネネが、ちゃんとプールバッグを持ち帰った!!」

それだけの事で、こんなに感動出来るとは、なかなか私っておめでたい人かもしれません。裏を返せば、それほどにも大変な子育てという事になるのかもしれませんが(^◇^;)


これからも、私は我が子の少しずつの成長に目を細めながら、子育てしていくのでしょう。それがあるから、頑張れるのでしょう(^-^)
こんな嬉しい気持ちを与えられて、今、とても幸せに思います。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
by nenetoki75 | 2019-07-16 11:23 | ギフテッドの日常2019 | Comments(0)
ギフテッドの子供は、色々な事に深い疑問を抱き、際限なく質問をするという特徴があるようです。

我が家のどちて坊やトキ、相変わらず、常に様々な疑問、質問を投げかけて来ます。
最近は、歴史に強い興味、関心を持っているトキです。
歴史に関するなぜ、どうして、どうなるの質問が増えてきました。

「もし、タイムスリップして源義経と織田信長が戦ったらどっちが勝つ?」
とか、ちょっと突拍子もない事も聞いてきたりするので、なかなか返答も一筋縄ではいきません(^◇^;)

母、試されてるわあ〜(汗)






さて、先日の彼の質問はこちら。

「戦国時代のヘルメットに鉄砲が当たったら、死ぬ?死なない?」




…。


せ、戦国時代のヘルメット…。





兜の事か!!
すげーネーミングセンスで笑ったわ!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




しかし、戦国時代の兜の強度や、鎧の防御力をあれこれ聞かれても、全く分からない母でございます…(汗)
なんかこれって、この夏の自由研究のテーマに良さそうですね。
トキ、まだ幼稚園児だから本当は必要ないけど(^_^;)

仕方ないです。母は全く何も知りませんので、トキと一緒に調べたいと思います。
もし、戦国時代の武具に詳しい良い本とかご存知の方いらっしゃったら、教えて頂けると嬉しいですう〜。


質問魔のトキの期待に応えるのに、息切れしている母の話でございました。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
by nenetoki75 | 2019-07-12 10:46 | Giftedの特徴(トキ年長) | Comments(0)
ネネ、相変わらずゴタゴタしてます。

昨日は、またネネがM君に朝何時に待ち合わせして一緒に行こうと声を掛けた様です。
ええ〜(;´д`)
せっかく一人で行ける様になったのに、そんな事言ったの?
M君と一緒に行こうとしてるから、色々ゴタゴタするって、分からないんだなあ…。

と、どうしようかと思っていたら、ネネの話は続き…。
事の前後関係は分かりませんが、例の三角関係の女の子が「M君はネネちゃんと朝、一緒に学校行きたくないんだって!」と言って来たそうで…。


うぉおお、マジ、面倒くせえ!!

以前から、こういう嫌がらせばっか言ってくるんだよなあ、その子。

ネネ自身は、M君が「そんな事言ってない」と言ったと、それを信じているので、さして傷付いた様子はなかったけど、私はM君、実際にそう言ったんだろうと思います。
朝、あからさまにネネを避けてる様子がありましたしね。

M君は困ってるんでしょう。
二人の女子から「朝、一緒に行こう」と言われ、でもその女子二人の折り合いが非常に悪く、三人で仲良く行くとか出来ないんですから。あの子と行けばこの子が怒り、この子と行けばあの子が泣き…。
そして、取った、取られた、の悪感情に巻き込まれてる被害者ですね、言わば。

ネネとM君は本当に仲良く遊んでいますけど、でもそんな事もあれば、ネネと朝一緒に行きたくないって思っても仕方ないでしょうね。

で、そこですかさず、三角関係の女の子がネネ攻撃に入ってきたと…。

いやあ、本当に面倒くせえ。
私、こういうごちゃごちゃやる人間関係、苦手です。
もっと、サッパリしてくれよ。


って、これが自分の事じゃないからなあ…。
不器用なネネは上手く立ち回れません。


朝の登校で、M君が誰と一緒に行く行かないが、明らかにトラブルを引き起こしてるので、その辺りをネネとゆっくり話し、やっぱり朝は一人で出発しようという事に落ち着きました。


読者さんから頂いたコメントに
ネネちゃん、一人での登校も楽しめるようになりますように!通学路の日々の変化や鳥のさえずりや、きっとお友達以外にも楽しみなことが見つけられるはず。」
とありまして、ああ、何て素敵な事に気付かせて頂いたのだろうと。

それまで、私は、ネネが一人で学校に向かう事を試練の様に感じていましたが、そうだよね、そんな素敵な事だってあるんだわ、楽しみだって見つけられるはず!と物凄くポジティブに思えるようになりました。

おかげ様で、ネネにもそれを伝える事が出来、ネネも一人で行く不安はあるけど、一人で行く事の楽しみもあるし、と前向きに、一人登校に踏み出せました。
また昨日も、ポジティブな声掛けをしたので、このまま一人登校を続けてもらう事が出来そうです。

今日は無事に、「行ってきます!」と出発出来ました(o^^o)
これで三日連続で、一人登校出来てます。このまま続けてくれ〜〜。


まあちょっと、私としてはこのゴタゴタはお腹いっぱいなので、しばらくこれで落ち着いて欲しい…。

ネネさん、よろしく頼みますよ…。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
by nenetoki75 | 2019-07-11 13:05 | ギフテッドの日常2019 | Comments(2)
昨日の登校時、大好きなお友達兄妹に走って逃げられたネネですが…。


一体、どんな様子で帰ってくるかと一日中気を揉んでいた私ですが、ケロッとした様子で帰宅しました。
「今日はどんな一日だった?」と聞いたら「楽しかったよ〜」と答えます。

あの後どうなったか気になり「朝、M君と妹さんが走って行っちゃって、ネネ追いかけてたでしょ?あの後どうなった?」と聞いてみました。

次の信号の所が赤信号で、二人が止まってたからそこで追いついたようですが、信号が青になったら妹さんはまた走って行ってしまったそうです。
でも、M君はそれ以上逃げなかったようで、そこから一緒に登校したらしい。

妹さんに関してネネは「妹ちゃん、追いついても、すぐまた慌てて走って行っちゃったんだよね。M君にどうしたの?って聞いても笑ってて答えてくれなくて…。何をあんなに焦ってたんだろう。何で走ってるのか、全然分からなかったんだよ。あーあ、私、妹ちゃんと一緒に行きたかったのになあ。残念!」と言いました。


M君と途中から一緒に行けた事で、二人から避けられている事に気付かなかったようです。最初の様子では、妹さんだけでなく、M君自身もネネに捕まりたくなさそうな素振りが見えてましたが、結局捕まって観念したという所でしょうか…。
全く気付いていないネネのその様子にまた、私は胸が痛みました。

ネネはまだ信じてるんです。
妹さんが「私、ネネちゃん好きだよ」と言ってくれたり「ネネちゃん、一緒に行こうー!」と声を掛けてくれてた事で、妹さんがまさかいきなり、あんな手のひら返しみたいな態度を取るなんて、夢にも思ってないんです。

ネネはすごくお人好しで、性善説を唱えるような所があります。
自分が好意を寄せているお友達が、まさかそんな態度を取るなんて考えも及ばず、「何かに焦ってて、走って行っちゃった」と受け止めたようでした。


私から見れば、ネネを避けていたのは、あまりに明白でしたので、「ああ、この子、気付いてないんだ…。まだ自分は好かれてると信じて疑わないんだ…」と思えば思うほど、不憫になってしまいました。

今回は気付かなかったけど、こんな事が数回続けば、いくら鈍感なネネでも気付くと思います。
昨日の所は、ネネがぼろぼろに傷付いた様子を見ずにすみましたが、Xデーが先に延びたというだけの事で、私のモヤモヤは収まりません。


子供の態度って、ころころ変わりますから、また「ネネちゃん、一緒に行こう!」に変わるかも分からないし、避ける態度がエスカレートするかもしれないし、もうどうしようもありません。

ネネは鈍い所があるので、二人が嫌がってる事に気付かず、このままグイグイいって酷く拒絶される事もありそうで、出来ればそれは避けたいと思うのですが、私の方から「ネネ、あんた避けられてるんだよ。ちょっと距離置こう」なんて言えませんし…。


夫もひどく心配していました。

ネネの学校は、班登校というシステムがありません。生徒は特にグループを作らず、各自で登校します。

さすがに1年生は、数名で待ち合わせして行く子が多いのですが、学年が上がるに従って、みんなそれぞれ学校に向かい、途中で誰かに会えば声掛けて一緒に行くといった様子です。

ネネ、3年生ですが、一人で学校に向かえません。不安が人一倍強い子なので「一人だと怖いよお」と泣きそうになります。

自宅前の通りが通学路なので、そこで誰かしら一緒に行けそうな人を待って、その子に声をかけて一緒に行っているのですが、誰よりもM君か妹さんと一緒に行きたいわけです。でも、M君は、もしかするといつもそんな風に待たれているのが負担なんじゃないか、と夫が言いました。

夫は、「ずっとM君を待ってる限り、遅かれ早かれ、こういう事はいつか起きそうだと思ってた。朝から、そういうトラブルが起きるかもしれないとか思いながら、M君を待つのは厳しいなあ。もう3年生だし、そろそろ一人で行く練習を始めるタイミングかもしれない。」と言いました。

一理あるなあと思いました。

ネネ、通学路を通る知ってる子なら誰とでも行けるわけじゃないんです。
意地悪してくる子は論外ですが、話のフィーリングが合わない子も「一緒に行く気がしないの」と言って声を掛けません。
一緒に行ける子はM君入れて3〜4人程度。その子達と上手くタイミングが合わず、なかなか一緒に行ける子が見つからないと、それはそれで不安に襲われるネネです。

「どうしよお、一緒に行く人が見つからないよお」
「どうしよお〜、このままじゃ遅刻しちゃうよお〜」

と、待ち時間が長くなるにつれ、どんどん不安を増し、泣き始めるのです…。

また、例の三角関係の女の子がM君達と一緒に歩いてくる事があり、そういう日は「ああ!〇〇さんがいる…!今日はM君と一緒に行けないよお〜、私、仲間外れにされちゃうよお」と泣くトラブルもありますし…。



夫から「小3にもなって、親がずっと一緒に友達見つかるまで待ってる家庭も他にいないだろ」とも言われました。

まあ、その通りなんですが、ネネのあの様子じゃ、決して玄関でバイバイ出来ません。

でも、確かに、ネネが一人で学校に向かえない事で起きるトラブルは多いのです。
もしネネが、最初の関門である「一人で行く」という不安に打ち勝って、それを日常化出来れば、これらの朝からのトラブルは回避出来そうだと思いました。


大きな天秤に掛ける感じですね…。
一人で行く事へのネネの不安の大きさが尋常でない事も理解してますので…。
しかし、やはり彼女の成長を考えたり、余計な人間関係のトラブルを回避するためにも、一人で学校へ向かう勇気を育てる方向に進む事にしました。



今朝はタイミングよく、たまたま学校行事で普段よりずっと早く登校しなければいけない日でした。
「お友達が何時頃家出るか分からないから、待ってると遅刻してしまうよ。今日は誰も待たずに一人で出発しよう。一人でも、周りには色んな子が登校してるから、変な人に連れ去られる心配はないよ。決して一人にはならないから。途中で知ってる子に会えば声掛ければいいし。」とネネに話しました。

「一人で行くのは怖いよお」と言いましたが、「でも今日は、早く行かなきゃいけない日だよ。一緒に行ける人ずっと待ってると遅れるかもよ」と言ったら少し納得して一人で出発する事にし、でも、途中の信号まで私が送る事になりました。
顔見知りの男の子とそこまでに会えたので、一緒に行かないにしろ、その子の後ろを歩けば一人じゃないと思えたのか、信号で無事バイバイ出来ました。


一回行けた事で、ハードルが少し下がってくれたかもしれません。
また、ネネと今晩よく話し合って、明日からの事を決めたいと思います。


昨日のネネは、何も気付かず、傷付かずに帰って来たのですが、私はしっかりネネを抱き締めました。「大好きだよ」と何度も伝えました。

きっとこの先、何かしらのトラブルに見舞われる事があると思います。
ネネが、自分はお友達に嫌われてしまったとショックを受けた時に「でも、私を愛してくれる人がいる」と前を向けるよう、ありったけの愛を注いでおこうと思います。

私に出来る事は少ないですが、少しでもネネの繊細な心を守りたいのです。
日々、試行錯誤です。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
by nenetoki75 | 2019-07-09 11:35 | ギフテッドの日常2019 | Comments(2)
ギフテッドの子供は、ギフテッドの特徴に由来した一風変わった振る舞いや、同年代の子供達とは精神年齢や興味、関心などが異なることから、気の合う友達ができにくく孤立しやすいと言われています。

私のネネに対する最近のもっぱらの悩み事は、ネネの友人関係です。

ネネも、元々、あまり友人関係を築くのが上手ではなく、気の合うお友達はごくごく限られています。
そのうちでも、小1からずっとクラスが同じで、ほんわかした雰囲気のM君は、ネネが放課後や休日に一緒に公園に遊びに行ける貴重なお友達です。
ネネはM君が大好きで、二人はとても仲良しでした。

小3になり、このM君を巡って、同じクラスのとある女の子と三角関係のようなトラブルが頻発しました。この件では、その女の子のネネに対する当たりが非常に強く、いじめの発端のような行動も増えてきて、担任の先生にご相談するまでになりました。先生のおかげで、いったん落ち着いていたのですが、ここに来てM君自体の行動が変わって来ました。

M君には小1の妹さんがいて、朝、ネネはその二人が自宅前を通るのを待って一緒に登校する事を期待しています。以前は、妹さんが早く登校した時、わざわざピンポンしてネネを迎えに来てくれる事があったり、妹さんが「私、ネネちゃんの事、好きだよ。」と言ってくれたり、ネネも喜んで、この兄妹と一緒に登校していました。

今朝、向かいの通りを遠くから二人が歩いて来るのが見えました。「あ!来た来た!」とネネは嬉しそうに、二人が来るのを待っていましたが、二人の歩みが異様に遅いのです。
その様子で、私は「あっ、あの子達、ネネと一緒に行くのが嫌なのかもしれない」とピンと来ました。

のろのろと歩きながら、だいぶんこちらに近づくと、普段なら、手を振ってくれる二人なのに、妹さんが帽子で顔を隠し始め、これは確実だなと思いました。
しかし、ネネは自分が避けられてると気付かず「どうしたんだろ、帽子の中に何か見えるのかな?なかなか来ないね。早く来ないかな。ママ、行って来るね!」と私に元気に別れを告げ、二人が渡ってくる横断歩道の前で待ち始めました。

私は、不安になり、じっとその様子を見ていました。

信号が青になっても、二人が渡って来ません。「どうしよう、あそこでネネちゃんが待ってるよ」と言った会話をしてそうな様子で右往左往している兄妹。信号は赤になりました。
ネネは、それでも二人を待っています。

また信号が青になりました。二人はまた、右往左往しつつ、少し横断歩道を渡り始め、ネネが横断歩道の中央まで向かって「おはよう。一緒に行こう」といった声を掛けている様子です。

こちらの通りに渡った途端、妹さんがダッシュして行ってしまい、M君もそれを追い掛けるように走って行きました。あからさまにネネから逃げたのです。ネネは、二人の後を追って走って行きました。

そのネネの二人を追いかける姿を見て、胸が苦しくなった私です。

ああ、あの子、今頃どんな気持ちで二人を追いかけているんだろう。
ネネにとって、数少ない大好きなお友達に、あんなに露骨に拒絶された訳です。最初はネネも、まさかそんなに嫌がられてるなんて夢にも思っていなかったろうに、だんだん、私、避けられてる?置いて行かれてる?嫌われてる?と気付きながら、でも、どうして急に!?と訳分からず、追いかけているのだろうと思うと胸が痛くて、胸が痛くて。

三人の姿はあっという間に見えなくなりました。
あの後、どうなったんだろう。ネネ、追いかけるの、諦めたかな。泣きながら、学校に向かったのだろうか。どんな思いで今頃授業を受けているのだろう。

物凄く繊細で傷付き易いネネです。ネネが受けたショックの大きさを想像すると、私の方が苦しくなってしまいました。私の感情性OEが大きく振れてしまっています。

なぜ、こんな事になったかは、分かりません。ネネが無自覚に、あの二人の気分を害する様な事をした可能性は否定できません。
もしかしたら、例の女の子との三角関係が響いている可能性もあります。その子はM君の隣の家に住んでいるので、ネネよりももっと兄妹に近い関係で、先週金曜の朝は、その三人が一緒に登校し、ネネを避けていました。

本当に学校はネネにとって試練の場です。小3になって、授業や宿題など、今まで出来なかった事を一生懸命に頑張って、成長を見せているネネですが、こういうお友達との関係は自分の努力だけで何とか出来るものではありませんし。

学校の先生など、大人に対しては、私がネネの特性を話して理解を求める事も可能ですが、ネネのお友達に対して私が出来る事はありません。

子どもって時に大人よりも残酷な行動を取ります。あの二人も、ただ単純に「ネネちゃんとは一緒に行きたくない。だから逃げよう」というさして悪意のない行動なのかもしれませんが、その行動に自分の存在意義を全否定されたくらい傷付く子どももいます。でも、そんな事をお友達に理解してもらうのは無理でしょう。


私に出来るのは、ボロボロに傷付いて帰ってくる娘を抱き締め、話を聞いてあげる事くらいです。

子供同士の関係ですから、もちろんどこかにネネの非はあると思います。でも、今日は決して「ネネもM君達が何か嫌がる事しちゃったんじゃないの?」なんて言わず、ネネをとにかく肯定して、「あんな事されたら、誰だって傷付くよ。あれは酷い。辛かったね。」とその傷付いた心にひたすらに寄り添いたいと思います。

本当に不器用な娘です…。この先、友達関係はどんどん複雑になる一方だと思いますが、私はネネの心を守りながら、無事小学校生活を送らせる事ができるでしょうか…。
ものすごく不安です。



ああ、胸が苦しいです。
早くネネに会いたい。
今すぐネネを抱き締めたい。
ネネの笑顔を見るまで、落ち着けそうにもありません。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
by nenetoki75 | 2019-07-08 11:45 | Giftedの特徴(ネネ小3) | Comments(2)
題「今日は雨の日」

今日は朝から雨だった。
庭にさいているアジサイはうれしそうだったが、
アサガオは雨でしょんぼりしていた。
「きっとお日さまが見たいのだろう」と私は思った。
だが雨はそうかんたんにはやまなかった。
学校に行く時も雨で、学校についた時も雨だった。
中休みの時も雨。
昼ごろにはやんだりふったりだ。
学校から帰る時には、ぶじやんでいたが、
空はくもり空でお日さまは見えなかった。
でも、雲の上には太陽がてっている。
私はそう感じた。


こちら、今週のネネの木曜日記です。5分ほどでササっと書いたそうです。
やるじゃん!(*゚▽゚*)
先週の「かい〜」とは随分テイスト違うじゃないか!

木曜日記って?という方はこちら


完っ全に親バカ目線ですが、私はネネのこの日記に豊かな感性を感じるのです。


私は、ネネが小2の後半、毎週末宿題に出る日記を書くのに、色々アドバイスをして、ミニ「作文教室」的な事をしていましたが、実際にはテクニカルな事はほとんど教えていません。

型通りの整った文章を書くのはまだ先で良いと思ったし、大人受けを狙ったような文章になって欲しくはないからです。

とにかく、ネネ感性を大切にし、表面的でない、ネネ自身の内面性が出て来るような文章を書けるようにという手助け程度の作文教室でした。



なので、ネネはこの文章を感じるまま、思うままに、下書きもなくササっと書き上げただけで、まさにネネの感性の赴くままの表現なのですが、それにしては、随分と技巧的でもあると思いました。


まずは、最初から最後まで、淀みなく文章が流れていくのに驚きました。
ネネは擬人法という言葉さえ知らないと思いますが、庭のアジサイやアサガオの様子を擬人法で生き生きと描写しています。
雨の描写を繰り返して行く中でも、決して単調にならず、効果的に体言止めを用いていたり。
全て過去形で書いている中で、「でも、空の上には太陽がてっている」という一文のみ現在形で言い切っており、それによりこの一文が浮かび上がって印象的です。
なんか、明るさと力強さを感じる。
ネネが、どんよりとした曇り空を眺めても、空の上には太陽がてっている、と言い切った事が、なんか彼女の人生観も映し出している様に感じたのです。
ネネの前向きさと芯の強さとを表している様で、私はグッと来てしまいました。
更に、終わり方を「でも、雲の上には太陽がてっていると私は感じた」とするのではなく、あえて二文に分け、最後の文を「私はそう感じた」と締め括った事で、より「でも、雲の上には太陽がてっている」という一文が強調され、余韻を残した終わり方になっていると思います。


こんな風に意外とテクニック満載なのに、それを無意識にサラッと書き上げたという訳ですから…。


や、やり手か…(´⊙ω⊙`)
結構、ビックリこきました。

何言ってんの、全然大した事ないじゃん、大げさ〜と思われる方もいるかもしれませんが、私は「なんて素敵な日記なんだろう!」とプルプルしてしまいました(笑)

「ネネ!ママ、感動した。感動したよお〜〜〜!!!」
と大騒ぎし、何度も何度も朗読した私でした☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


「え?そんなに良かった?私、もしかして日記書くの得意になってきたかな?」と気を良くしていたネネです。

ネネは、こういった風景や情景の描写など、上手だなあと思います。
これは、ギフテッドの特徴と言われる感性の豊かさや知覚性OEによるものかなと思います。ネネは普段から、日常のちょっとした光景にも、キラリと輝く美しさを見つけ出すのが得意です。
この季節、色とりどりのアジサイの花だとか、その葉の上の水滴がこぼれ落ちる様子だとか、曇り空の夕焼けの複雑な色模様だとかに、毎日感嘆の声を上げ、じいっとその様子に見入っているネネです。

今までは、ネネの内面で留まっていた物が、こうして少しずつ文章で表現出来る様になり、とても嬉しい母なのです。

このまま、木曜日記、続けてもらえたらと思いまーす(*^▽^*)

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
by nenetoki75 | 2019-07-07 09:10 | Giftedの特徴(ネネ小3) | Comments(0)